マタイによる福音書 9章18〜26節 「あなたの信仰があなたを救う」

福音

 マタイ福音書。福音というのは喜ばしい知らせという意味です。なぜか、全体を通してイエス様について記されているからです。イエス様のご人格を知るたび、私たちは癒されます。私たちの帰るべき場所、それは神様のもとですけれども。その神様がどういうお方かというのがイエス様を知ることでわかっていくからです。神様に帰っていく道、それがイエス様を知るということ。神様に帰っていくことができるので、福音書は喜ばしい書物なわけです。

イエス様は誰に向かっていかれるのか

 イエス様の周りには様々な人がいました。群衆と呼ばれる、ある意味興味本位でイエス様について来た人もたくさんいました。弟子とよばれる人もいました。イエス様に対して懐疑的な人もいた。声にださずとも、イエスはインチキ野郎だと思っていた人もいたわけです。律法学者にファリサイ派、サドカイ派、最高法院の議員。とにかくいろんな人がいるわけですが。イエス様のほうが目を向けられたのは誰だったでしょうか。それは、本日の18節に出てくるような人です。9章18節。

 イエスがこのようなことを話しておられると、ある指導者がそばに来て、ひれ伏して言った。「わたしの娘がたったいま死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。」そこで、イエスは立ち上がり、彼について行かれた。

 イエス様がその思いを傾けられるのは、今、必死でイエス様により頼み救いを願うものです。どんな背景があるかなど二の次です。

 娘の死を訴え出たこの父親は、ユダヤ教の会堂の指導者であったと書かれています。これまでの流れを見れば、ユダヤ教の指導者的な立場にある人々は、イエス様に議論を挑む人です。イエス様からボロがでるのではないかと、イエス様の発言のあげ足をとろうとしていた人です。しかし、そんな流れなど関係ない。イエス様には偏見などないわけです。

 必死で自分の困窮を訴えるなどという人は、ユダヤ教の指導的な立場の人の中にはいないないのではないかと読者は思ってしまいます。しかし、彼はなりふり構わずイエス様を求めました。たった一人の愛する娘の死。あの方ならば娘の死に立ち入ることができるかもしれない。そこにしか希望はない。だから、必死の懇願をするのです。すると、イエス様はその必死の懇願にすぐにお応えになられて、娘が死んだというその現場に向かわれました。

イエス様が向かわれるのは苦しみの現場

 イエス様が向かわれるのは苦しみの現場。イエス様が向かわれるのは、けむにまくようなこと議論をふっかけて、堂々めぐりの議論を延々と重ねるそうった場所ではありません。必死ですがり、必死でもとめるその現場にイエス様は向かわれるのです。自己正当化も、自己保身も、周りの目も、そんなものどこかへ吹き飛び、とにかく救いをと求めるその人のところに駆け寄る。イエス様は、もちろんあらゆる人のところに足を運ばれました。しかし、自己正当化、自己保身、自分の正義を求めているような人に対しては、「は?イエス様は一体何を言っておられるのだろうか」と思えるような話しかされませんでした。

底なしの安心感

 私はこのイエス様の態度に底なしの安心感を得ます。いつも本気で神を求めているのかどうか、自分でもわからなくなってしまう。そんな心の弱いものでしかない。しかし、もしももうなにもできなくなって、自らできることもなくなって、希望などどこにもない。しかし、主にだけにはお伺いをたてて、主にだけ、あの方にだけは私のすべてを打ち明けたい。そう思った時に、私たちの必死さと同じような集中をもって、イエス様の方が私に集中してくださるのだということがここに記されていることです。

 イエス様が、亡くなった娘の所に向かう途中で、病気を患った女が近寄って来てイエス様に触れます。普段のイエス様だったらすぐ気付かれるはず。本当によく周りを見ておられました。何より人の心を見ておられた方です。

 この長血を患った女性のことだって、普段ならばよく見ておられたんじゃないかと思うんです。しかし、この時は、会堂の指導者の必死の頼み込みにイエス様の方が集中が乱されていた。必死にイエス様を求めるものに、イエス様も応えて先を急いでおられたのです。だからイエス様に触れてもほとんど気づかなかったのです。それだけ、求めるものの思いに集中される。

 こちらの方を見てくださる。そういうお方でもあられるのです。

12年もの間、、、

 12年もの間、長血を患っていた女性がイエス様に近づきました。長血というのは、現代で言えば、おそらく子宮筋腫や子宮内膜症と呼ばれる病のことではなかったかと言われています。とにかく、不正出血がおこり、この不正出血によってその女性は汚れるのだと考えられていました。レビ記にこの不正出血に対する記述があります。レビ記15章25節以下です。

 もし、生理期間中でないときに、何日も出血があるか、あるいはその期間を過ぎても出血がやまないならば、その期間中は汚れており、生理期間中と同じように汚れる。この期間中に彼女が使った寝床は、生理期間中に使用した寝床と同様に汚れる。また、彼女が使った腰掛けも月経による汚れと同様汚れる。また、これらの物に触れた人はすべて汚れる。その人は衣服を水洗いし、身を洗う。その人は夕方まで汚れている。

 公衆衛生が現代のようにしっかりしていない時に、血液に関することを注意深く扱い、それを汚れとして扱い、清潔を保つためにもこのような戒めがあったと考えられます。しかし、このような掟は度がすぎれば、この戒めをもとに、女性差別や、病気の人への差別へと容易につながってしまうものでもありました。

とにかく人前に出れない

 長血の女性はとにかく人前に出ることは許されてはいませんでした。ましてや、先ほどの律法に書かれたことを正確に守るのならば、この汚れといわれるものは、この女性がふれたものすべてに移ると考えられていました。だから、人に触るなどということはしてはならないこと。ましてや、イエス様に触れるということは、ユダヤ人の信仰上、決してしてはならないことで、おそらくこの病を患っている女性も、これは許されることではないと思っていたでありましょう。12年という年数が書かれていますが、これは実際に正確に12年だったということ以上に、「ずっと」永遠のように長い時間。完全に彼女はこの病に閉じ込められてしまっていたということを示します。

 それでもどうしてもこの御方に、この御方とのかかわりさえあれば、何かが変わるのではないか。この閉ざされた人生が変わるのではないか。そう思って、命がけの行動にでるのです。

 もしも、この女性のこの行為が周りに知れ渡ってしまったら律法違反のかどに問われて、どうなるか分からない。彼女はとにかく何にも触れてはいけないと言われていたのです。イエス様御自身ももしかしたら、厳しく咎められて、イエス様の怒りの鉄槌が降ってしまうかもしれないという疑いだってあったことでしょう。

 しかし、彼女はイエス様の憐れみ深い行為。病に触れ、病をお癒やしになるその恐ろしい程に深い憐れみの心を知っておりました。だから、そのイエス様のお心に信頼し、全てを委ねて、決死の覚悟でイエス様に触れたと言ってよろしいでしょう。

 

やはり、必死さに、、、

 やはり、その必死さにイエス様は即座に応えられて、律法違反かそうじゃないかなどという議論をするまえに、目の前の女性が癒やされることを心から願い、次のようにおっしゃいました。22節。

 娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。

 その人にとって良いことは、イエス様はあらゆる垣根を超えて、それが周りの人々からは条文的には律法違反と判断されることであったとしても、実際にどうあるべきか、神がこの人に触れられて癒やされるということを求め、実行し、この女性が幸いを得ること、このことを優先してくださるのです。主イエスは幸いをその人が得ることを再優先してくださるのです。

私の人生、、、

 私は20前後まで、全くと言って良いほどに主なる神様のことを思わないで生きてきました。どれだけ、主のご恩を踏みにじってきたことかわかりません。キリスト教主義幼稚園の前を通るたびに、あんなよくわからん西洋人のことを信じることがでいきるなとこころの中で思ったこともある。さ戦争や紛争の原因はすべて一神教のせいだと思っていた。神様の思いなど全く考えもせずに生きてきてしまった、罪人であったわけです。

 イエス様が人をお招きくださるときに、まずはじめに律法を犯しているか、犯していないか。義なる人かどうか、ということを問われたのであれば、私はイエス様のもとに迎え入れられることは無かった人です。しかし、イエス様はまず迎え入れるということを前提で物事をお考えくださる。

 まず受け入れて、後に聖書や祈りを通してご自分の思いや義なることについて教え続けてくださっている。まず、義しさが問われるのではなくて、私たちを迎え入れることを優先される。だから、今日私が教会にいることができる。神に罪を犯し続けてきてしまった人間が牧師として立てられるということが起こるのです。

あなたの信仰があなたを救った。

 イエス様は長血の女に言いました。「あなたの信仰があなたを救った。」この言葉に皆さんは違和感を感じませんか。救うのは神様であって、人の心にある思いが自分を救うわけではない。だから、正確に言えばこの言葉はおかしいのではないか。

 「あなたの信じるあなたの神があなたを救った。」これならば分かりますし、現実的に神の力によって救われるわけです。

 では、なぜイエス様はあえてこのような言葉を使われるのでしょうか。それは、信仰を人から引き出すため、呼び覚ますためです。信仰が決定的に重要であるということを言葉でハッキリと指し示すためでもあります。

 

偽善を叱りつけるイエス様

 娘が死んでしまったというその指導者の娘の家にイエス様が着きますと、人々が家の周りを取り囲んで笛をふいたり、嘆き悲しんで泣いていた。

 しかし、彼らは本当にこの亡くなった娘を愛するからこそ盛大な葬儀を行おうとしていたのでしょうか。そうではないと思います。イエス様が近づいてこの娘をよみがえらせようとすると、群衆はあざ笑いました。そんな馬鹿なそんなことが起こるはずなかろうと。

 少女が亡くなったことを心から悲しんでいたのならば、イエスという神の力を宿した人が来られた時にに、「なんとかしてください」とこの父親と同じように叫ぶはずです。本当に何人者人を起き上がらせている人なわけですから。

 必死にイエス様に希望を託してきた父親のその必死な形相から、静かにだまってイエス様を見ていたはずです。しかし、彼らはとにかくあざ笑ったのです。

 この少女に対する悲しみも、この家に起こってしまった悲しい出来事に寄り添っていたというよりも、指導者の娘だから、地位高い人におこってしまった出来事だから、とにかく悲しみをあらわさないと気まずいだろうということで、集っていたのです。悲しみは人為的に演出されていただけであって、心からの嘆きではなかった。

 24節の「あちらへ行きなさい。」という言葉は、「さがれ!」という強い命令の言葉が使われています。悲しむものと共に悲しむ。偽善的に指導者に顔をうるために寄り添っている人に対しては、厳しい言葉で追い出されます。

イエス様と誰かとの間に、、、

 私たちは良くしてしまう失敗があると思います。礼拝や信仰生活のそれぞれの送り方について、すなわち誰かと神様との間に簡単に入ってしまうという失敗です。

 だれかが礼拝に来はじめたとします。その人がもしも、いつも利己的な祈り、すなわち自分のことばかり祈っている人だったら、そんな祈りばかりしていないで、もっと他者に対する執り成しの祈りをしたほうが神様がお喜びなのでは。などと性急にその人と神様との関係性も考えずに間にはいっていってしまうことがあるかもしれません。

 よく考えずにそうやって誰かとイエス様との間にはいっていって何かを判断してしまうと、「さがれ!」とイエス様にお叱りを受けるでしょう。

 逆にいえば、私たちとイエス様との関係というのは、誰にも邪魔されないのであって、私たちが主イエスとのかかわりを持ちたちと願い、主にお話をする、すなわち祈るのならば、私とイエスさまとの関係を守り、対話を常にしてくださるということでもあります。

死んだのではない、眠っている

 イエス様は、死んだ娘を前にしてこう言いました。24節。

 少女は死んだのではない。眠っているのだ。

イエス様が見ておられるものというのは、あまりに大きすぎる程に大きい、広い、偉大なる神の業を見ておられます。だから、この肉体の生命が尽き果てるということも、これからのことも見えておられるイエス様にとってみれば、死はやはり「眠り」に相当するものにしか見えない。ということなのです。この信頼し、お従いするこの主イエスが、この世の命が全てはない。肉における命がすべてではない。この命を失うということは神の前で眠るということにあてはまるのだとお教えくださる。

真のキリスト者は

 このイエス様の視点を自分の視点とする人は、もちろんこの世の命を大事にするでしょうが、どうやってこの与えられた命を誰かのために使い、削り、使いきってしまうのか。そのことを考えるようになるでしょう。

 マタイ福音書16章25節にこのように記されています。

 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。

 キリスト者は与えられた命を大切に、また健康を大切にするでしょう。それはどんな人にとっても当然のことかと思います。しかし、その与えられた健康は何のためか、それは愛するため。愛するとは、愛する友のために、命を捨てることです。イエス様のように。

 「自分を守るために」自分を大事にするのではない、「誰かを守るために」自分を鍛え大事にするのです。自分は得ることを考えずに、誰かのために与えて、失うことを考えるのです。それがキリスト者の歩むべき道です。

 肉体を失うということ、この世で持っているものを失うということ、それはまさに眠りに相当するものであって、実際にすべてを失うということではない。また起き上がるのだ。それを知っている、その命をイエス様と共に生きていく。それがキリスト者です。

今日を信仰によって生きなかったら、、、

 特に最近思うことですが、今日この一歩をどのように踏み固めていくのかがすべてだと。今日、次の一瞬。今、イエス様の御声に応えて、長血の女のように、命をかけた必死さをもってイエス様を求めなかったら、もしかしたら、一生煮え切らない信仰をもって生きることになるんじゃないか。今日この時、信仰の勝負、戦いをしなかったら、一生信仰の戦いをせずになあなあで生きることになるのではないか。そのような必死さを主は私たちに求めておられると思います。それが本日の記事で大事なところです。

長血の女

 長血の女は必死にその足を踏みしめて、前にでて、もしかしたら大変なことになってしまうかもしれない。周りの人々から攻撃されて、社会から徹底的に追い出されてしまうかもしれない。この病を持っている人が誰かに触れるということはそういうことを意味しました。だから、この一瞬にすべてをかけて、命がけの勝負をイエス様の前でしたのです。

 一生に一度の大博打であったかもしれない。しかし、命の一歩を前に踏み出した。すると道が開けたのです。

 イエス様に向かい、必死に求めるならば、確実に道がひらける。そのことを福音書は約束している。恐れることなく、必死で前にでれば、かならずイエス様が手を添えてくださり、癒やしをあたえ、時に驚くべき奇跡さえも行ってくださるのです。イエス様に期待したいと思います。アーメン。