マタイによる福音書1章1〜17節 「救いのご計画」 

 おお神よ、よくぞここにこの系図を残してくださった。そう私は思います。なぜなら、私がここにいて良いということがこの系図を通して伝わってくるからです。神の思いです。私もこの神の業の中に入れていただけるのではと思えてきます。

 私がどうあれ、どんな人間であれ、神が用いられるのであれば、どんな人間であったとしても、神はご自分の聖なる御業のために用いられるのだ。ということがこの系図を通して分かってくるのです。

 本日の系図に出てくるのは、一番重要なのは、イエス・キリストです。キリストの系図であるということがマタイ福音書1章17節を見れば明らかです。

 こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。

 キリストの系図です。しかし、その中には聖なる人とは言いがたい、少なくともこの人は罪人と言われても仕方がないのではないかというような人々が沢山、記されています。決して清いとは言いがたい人々を通しても神の業が起こっています。それがどんなものなのか見ていきたいと思います。

 まず、とても重要な二人の人物を上げておきます。この二人を通じて神の約束の言葉が与えられていきました。それは、アブラハムとダビデという人です。アブラハムには次のような約束の言葉が与えられました。創世記12章2節です。

 わたしはあなたを大いなる国民にし あなたを祝福し、あなたの名を高める 祝福の源となるように。

 さらに聖書ではこのアブラハムに対する約束が何度も更新されていると言いましょうか、繰り返されているのです。それほど重要な約束であったということです。「わたしはあなたを大いなる国民にし あなたを祝福し、あなたの名を高める」というのですから、どういう繁栄がアブラハムに待ち受けているのだろうかと否応なしに期待してしまうわけですが、マタイ福音書1章の3節以下を引き続き読んでいきますと、不穏な空気が漂ってくるのを感じます。

 ユダヤはタマルによってベレツとゼラを、

 ユダという人は、カナン人という異邦人の女を娶り、息子を三人もうけました。エル、オナン、シラという男の子です。この三人の息子たちの長男エルのために、妻を迎え入れました。ここに出てきますタマルという女性です。

 あれっと思いませんか。

 タマルという女性はユダの息子エルの妻なのだ。息子の妻とどうして父親であるユダの間に子どもがいるのだと。。。ユダの息子エルは早くに死んでしまいます。その結果、タマルは当時の習慣でありますが、長男が死ぬとその長男の妻が次男の妻となり、子を産んでその息子に死んだ長男の名を継がせるという習慣がありました。いわゆるレビラート婚といわれているものですが。

 だから、エルが死んでその妻タマルは、次男のオナンのところに嫁ぎます、しかし、このオナンも早くに死んでしまいます。すると今度は一番下の息子にこのタマルは嫁ぐはずなのですが、お父さんは息子が次々と死んでしまうものですから、このタマルと一番下の息子を結婚させることを延期させて、そのまま放置してしまっていました。

 するとこの妻タマルはなんとしても自分の子、そしてこのユダの家の名をつぐ子がほしいという欲求にかられて、お父さんであるユダによって子を得ようとしました。その時に自分が遊女であるというような体(てい)で父親に近づいていきました。そして肉体関係を持って子を得てしまうのでした。タマルは根っからの遊女というわけではありませんでしたが、遊女と偽ってユダと関係を結ぶのでした。タマルを見抜けず関係をもってしまうユダもユダです。

 なんか、もうすでに、系図のはじめのほうから、ドロドロとしたと言いましょうか。決して綺麗ではない。むしろそこには人間の黒々としたものが渦巻いているといいましょうか。そういったものを感じざるを得ない系図がここにあるのです。それから、5節を見ますと、ラハブという人が出てきますが、この人ははじめから遊女でありました。タマルは偽ってその時だけ、遊女を演じたのですが。このラハブという人は正真正銘の遊女でありました。

 ルツという人の名前もここにでてきます、この人もイスラエルの民ではなくて、モアブ人という異邦人でありました。このルツという人はボアズという人の妻となりますが、ボアズの妻となるために、寝床に忍び込んでその布団をめくって足元で寝るという、そのときに肉体関係をもったというわけではありませんでしたが。ボアズはルツを妻に迎え入れることを考えて、正式に妻に迎え入れます。

 こういうふうにみてきますと、3〜6節に登場してくる3人の女性は結婚生活において、異常な経験をしてきた人達ばかりです。系図というものはイスラエルの伝統では、父親の名前だけを列挙するものですが、このイエス・キリストの福音を記したマタイという人は、その慣例をあえて破りました。

 アブラハムからダビデ王に至る系図の中に、異邦人の女をしっかりと記し、しかも隠しておきたいような過去をもった人々をそこにのせていきます。このことをもって、ユダヤ教徒の排外主義と対決しようとしたと言ってもよろしいでしょう。自分たちこそ正しくて、正しくないものには神の働きなどないとしたい人々の思惑を打ち破っていくのです。

 遊女の名前もしっかりとしるすことによって、ユダヤ人が誇りとしているダビデ王家の歴史は、自画自賛する誇り高きものというものではなくて、人間的なやぶれがそこに入り込んでいるものでしかないということなのです。しかし、そのやぶれこそを神が救いのご計画の中に取り入れて、そのやぶれこそを祝福の源としてくださる。それが私たちが信じる全能の父なる神であるのだということを強烈に言いたかったわけですね。

 そして、極めつけの罪人、そして偉大なる王。それがダビデです。さらに先程も言いましたが、アブラハムとダビデというこの二人がキーパーソンです。明確に神の約束の言葉をいただいた二人。サムエル記下7章12節にその神の約束の言葉が記されています。

 あなたが生涯を終え、先祖と共に眠るとき、あなたの身から出る子孫に後を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。この者がわたしの名のために家を建て、わたしは彼の王国の王座をとこしえに堅く据える。

 しかし、その永遠の王座を据えていただける、その王は罪人でした。6節に罪人であったということがハッキリとつつみかくさずに記されています。

 ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、

 ウリヤは忠臣の中の忠臣でありました。ダビデ王のためならば自分の命を顧みないで命をささげる軍人です。ダビデはその妻に惚れてしまった。ウリヤが出陣している間にその妻と肉体関係を持ってしまいます。そして、ウリヤの妻を合法的に自分の妻とするために、忠臣であるウリヤのその忠実さを使って、絶対に帰ってこれないというような戦いの最前線に向かわせ、戦死させます。自分の手を汚さず、誰かを手にかけるということは、自分の手を汚すことよりも卑劣極まりない行為です。姦淫、殺人。十戒を犯し、人の道をもはずす。卑劣な罪人の中の罪人、それがダビデ王です。そのことをマタイはごまかすこと無くハッキリと記すのです。「ウリヤの妻によって」という言葉がどれほど痛い言葉であるかお分かりでしょうか。

 その息子ソロモンによって王位は受け継がれますが、ソロモンが死んだ時に王国は分裂し、北王国、南王国の間には常に紛争が起き、両者とも国力を弱め、遂には、バビロンによって攻め滅ぼされてしまいます。捕虜、捕囚となって、バビロンにイスラエルの民は移住していきます。

 12節に出てきますゼルバベルという人は、エルサレムに帰ることをゆるされて、ユダの総督に任ぜられます。その時に、破壊されていた神殿を再建することができ、ダビデ王朝の復活という期待が人々の間で燃え上がります。しかし、ゼルバベルがどうなったのかという記述についてはほとんど残されておらず、そのゼルバベルによるダビデ王朝の復活ということも人々は期待していましたが頓挫してしまいました。

 希望は立ち上がって来たと思えばついえる、立ち上がって来たと思えばついえる。そういう度重なる絶望を通して神の計画は着々と進められて来ました。こういった人類のボロボロの歴史の中に、キリストが誕生してこられるのです。ボロボロだからこそ、来なければならなかったのでしょう。それが神の愛だということです。

 綺麗なきよい人々がならんで、その上に天使が舞い降りて、キラキラ輝くその只中にキリストが舞い降りるのでは全くないのです。この系図をみてください。なんでこんなことが起こるのか。どうしてここまでも罪に人は落ちるのか。神の約束があったのに、それがまるでなくなってしまったかのように、人々は神を信じるということよりも別の基準で行動し、罪を犯し、その結果神の守りがそこを去ったかのように見える現状に導かれてしまう。しかし、それでも神は見捨てない。神は決して見捨てない!

 キリストよ。どうしてあなたはこんなボロボロの歴史を背負った人類のもとに来られたのですか。しかし、そこにこそ全能の神こそは来られるのです。神は愛だからです。理由はそれしかない。父として人類を愛しているからです。ただそれだけです。しかし、それは誰も絶対に崩せないほどに強い神の思いです。それが、キリストがこの系図の只中に誕生してくださったということです。

 イエス様がお生まれになられたヨセフの一家。ダビデ王朝、ソロモン王朝その栄華と比べると、もはやダビデの子孫として、見る陰もない貧しさです。1人の大工としてイエス様は育てられる。王としての見栄えもなにもありません。しかし、だからこそ、その方が王であった。その方が救い主であった。その方が神の独り子であったのです。それが私たちへの福音です。

 そんなに近くに、そんなに馴染み深く、顔と顔とを合わせることができる距離で、人類の言葉を聞いてくださり、いやずっとかたわらでつぶさに聞いてくださって。もうがまんできないとばかりにやってこられた私たちの王。その王は、人を分け隔てせず、誰のところにも行かれて、その傷にふれ、その心に触れ、人々は次々とその優しさ、その寛容さ、その力強さ、その愛にふれて立ち上がっていった。

 墓場でもう自分の人生は終わりだと嘆いて、もう錯乱状態で周りの人々に足かせをつけられて閉じ込められていたその人のところまで行って、イエス様がその人に言葉で命じられましたが、言葉でふれようものなら、その人から悪霊が出て行った。

 イエス様は、人類の歴史を抱き止めて、その中に救いを、3000年以上も前から、神は人を救おうとされて、そのための準備を着々と進められて、キリストにおいてそのご計画の全容が明らかにされた。そして、ただただ、キリストを信じる、人間の行動や功績や正しさなど、そんなものを全部度外視して、ただただこのキリストのもとにあつまってそこから水を飲むもの、主の御名を呼び求めるものすべてを救ってくださる。信じるというたった一つのことですべてがつながってくる。

 あいも変わらず、ずっとボロボロの歴史を歩まざるを得ない。人の罪、争い、そねみ、妬み、暴力、強欲、貪欲、私利私欲。そういったものから解放されているわけでは全くない現実。しかし、だからこそ、キリストは私を救ってくださる。救おうと願い私たちのところにやってきてくださる。もう2000年も前に、お越しくださって、身代わりの死を遂げてくださった。もう私の方がそれを受け入れるだけ。全部を委ねて、キリストのところに足を運ぶだけ。もうすべてが十字架によって受け入れられている。すべてが赦されている。キリストの血の功績のその只中に入れられ、キリストの血によって赦される。

 信仰によってキリストとつながる。ただ、それだけで私の全ては神に用いていただける。神の器となる。この欠けだらけの系図がキリストを宿す器となったように。

 よくぞ神はこんなダメな器を選んだものだって、自分で思いますよ。しかし、神にとってみればダメか良いかなんて関係無いみたいですね。だから、キリストを語る器として、私が選ばれたんでしょう。

 ダメな自分は確かにここにいる。しかし、全能の神にとっては用いることのできないダメな人なんていなんですね。この系図がそれを裏付けてくれますね。アーメン。