マタイによる福音書25章1〜13節 「待つ希望」

 そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。

 キリストの言葉です。天の国の話をされています。イエス様は人々を天の国に入れようと願っておられます。十字架におかかりになり亡くなられる前にこのように天の国のことを次々とおっしゃるのは、ご自分の死は人々を天の国に招くものであるのだというご意思の現れです。ご自分の身をささげ、人々を買い取る。だから買い取られた人々が、終わりの時まで、常に「信じる」というところに立つことができるようにと、イエス様は様々な喩えを用いて語り続けられました。

 マタイによる福音書25章の周辺は、「目を覚ましていなさい」だとか「終わりの時の徴」だとか、「苦難の予告」であったり、とにかくこの世の終わりの時に向かった歩みを、私が始めるのだという前提で話をされておられます。具体的には、キリストの十字架の時から終わりの時がはじまるのだということを教えてくださいました。

 目をさましていろと言われるのは、人間はいつのまにか目を閉じてしまうからであり、本日の例えにあるようにちゃんと待っていなさいということは、待つことを忘れるというか、うみ疲れて待つことさえどこかに行ってしまうという現実があるからです。

 救いというのは向こうからやって来ます。この所に花婿が描かれて、その花婿をおとめたちが待っていなかればならなかったように。向こうからやってくる。神の側からやってくるものです。こちら側に主導権は無いのです。自分に主導権はないから、見ていなければ、目を覚ましていなければ、常に主人の動向を見守っていなければならない。しかし、その心構えができていないことが多いのですね。

 本日の例えの中には、花婿という言葉がでてきます。これは結婚の宴が行われる時のことであることが分かります。昔は今よりも婚宴は盛大に行われました。1週間の間行われて、この期間の間、律法学者は律法の研究も免除される。結婚し家庭が築かれていくということは、どこの社会でも共同体が発展し、未来を築くために極めて重要です。だから、その地域全体でお祝いするということが当然でした。めでたいわけです。現代でもこういう制度にしてほしいぐらいですね(笑)。親族が結婚すると一週間誰でも休める。でも本来は休んでもいいぐらい大事なことのはずです。

 神の国というのは、このように婚宴に喩えられるわけです。ということはどれだけ神の国がめでたいところであるか。1人の人がそこに入るということは絶大なる喜びがそこにある、めでたいことである。未来を生み出す希望に満ちたものである。

 めでたい宴席では主役がちゃんと主役になるということがなにより大事です。婚礼の席に新郎、新婦がいることではじめてめでたい席になるわけです。新郎、新婦をちゃんと丁重に扱うということが基本中の基本ということになりますね。主役である新郎への扱いというところで、人々は失敗をしてしまうわけです。丁重に扱いきれなかった。新郎を丁重に扱うというのは基本中の基本ですがそれができなかった。神の国を前にしてしまう失敗というのはあたりまえのことがあたりまえになされないという失敗であるということです。神という中心を中心として、しっかり丁重に扱っているのかということですね。

 さて、当時の社会においてはともし火をともしておくことが極めて重要なことでありました。明かりを灯してそれを維持するということに、今以上にコストと大変さ、準備が必要な社会でした。この礼拝堂みたいにスイッチいれたらパッじゃないわけです。火をともしておくためにはその都度、油を補充しなければなりませんでした。

 賢いおとめ、愚かなおとめという対比がここに書かれています。3節4節。

 そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意はしていなかった。賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壺に油を入れて持っていた。

 主人がいつ帰ってくるのかという物事の主導権は向こう側にあります。しかし、その対策を考えて準備しておくということが極めて重要です。こちら側の思い通りにはならないのだということをしっかり認識しておくということが重要。イエス様が来られるという再臨を待つということもそうですが、神の業を待つという時には、決してこちら側の思い通りにはならないということを受け止めておくということが大事だということです。

 花婿がやってくるということは、イエス様が終わりの時に再び来られる再臨のことが念頭におかれているのですが、どういう理由でイエス様の再臨が遅れているのかはハッキリとした理由は示されない。花婿が遅れている理由は花婿の側にだけしかわかりません。しかし、ちゃんと理由があるのでしょう。いつなのかということは、花婿が決めるのです。私たちじゃない。だから、いつ何時イエス様が来られてもいいように準備しておくのです。

 イエス様が十字架で亡くなられて復活し、天に昇られたあと。そのすぐ後にイエス様は再び来られるはずだと思って、初代の教会の人々は待っていました。しかし初代教会の人々は再臨のイエス様のお姿をみるには至っていません。

 しかし、すぐ来られるかもしれないと思って待って、身繕いをして、必要なものを準備して待っているというこのこと自体が、教会に信仰のリアリティを与えた、また、信仰の力を与えたということは間違いありません。イエス様は来られるから、イエス様にお会いした時に恥じないように、自らの汚れを認め、罪を認め、決して義なるものではなかったことを認め、神の前に身繕いをして待っているというこのことが初代教会を力づけたに違いありません。ここで回心して、心を180度変えたこの私をキリストは受け止めてくださる。私を確かに受けいれてくださる。あのイエス様に会いたいと。

 待っていること自体が喜びだったんじゃないんですかね。確かに嬉しいことのために準備をするって力になりますね。

 自分の結婚式の時のことを思い出してみてください。また想像してみてください。人によってはこんな結婚なんて嫌だと思いながらした人もいるかもしれませんが。まぁ、それは例外として。。。結婚式って準備している時が燃えていませんか。本当に待ちわびていること、こうなってほしいなぁと思っていること、これをしたいなぁって思っていること、未来への希望が湧いてきますよね。希望に向かって準備することほど人をいきいきさせるものはありませんね。

 パウロという人はキリストとの関係は結婚関係だと言いました。コリントの信徒への手紙 11章2節。

 あなたがたに対して、神が抱いておられる熱い思いをわたしも抱いています。なぜなら、わたしはあなたがたを純潔な処女として一人の夫と婚約させた、つまりキリストに献げたからです。

 キリストと結びついて新しい人生がはじめられるという期待感に常に生きるのがキリスト者なのですね。

 婚宴の喜びを自分の喜びとして、その喜びのために勇んで準備を進め、もしものことが起こった時のために、準備を入念にしている。そういうものを賢いおとめと言うわけです。

 25章5節を読みます。

 ところが、花婿の来るのが遅れたので、皆眠気がさして眠り込んでしまった。

 賢いものも、愚かなものも、みんな主人が遅いので眠り込んでしまった。どんなに準備していても肉の限界というものがある。人間的な限界と言ったらよいでしょうか。そういうものがあることを否めない。しかし、そういう欠けをも持ちながら、準備をしていたかどうか。ということは明らかな違いとして現れてしまうわけですね。油を準備していたかどうか、こんなことはちゃんと準備しようとしていれば、誰でも気付くことでありましょう。このおとめたちに期待されていたことは、はっきり言ってただともし火を灯し続けることだけでしょう。それ以外のことは何も主人は指摘していないと言っていい。

 ある人はともし火とは信仰のことを指しているのだと言います。さらに油は聖霊であると。聖書の中で、油が注がれるということは聖霊が注がれるということを意味します。ともし火を灯しておくことなんて、ハッキリ言ってその道具があれば誰にでもできることですね。

 信じるということも難しいことではない。心があれば誰にでもできることです。難しいことを言われているわけではないのです。ただただ心をかえればいいだけ。心を変えるのは自分にしかできないこと。逆に言えば、自分にできることです。

 油はただ買いに行けば良いものです。後で油を準備していなかったおとめは買いに走りますが。求めれば良いだけです。

 聖霊も同じですね。求めて、実際に行動を起こせばよい。ある人にとっては、聖書を読み祈ること。ある人にとっては実際にキリストが命じられた愛の行いをすること。執り成しの祈りをすることかもしれません。とにかく、聖霊を求めて行動している人は聖霊を受ける。難しいことではありません。油を買いに走るのと同じぐらい難しいことではない。しかし、それをしていないのだ。というのが人間の現状であり。キリストは人々を神の国にむかえいれる覚悟をもって、その神の国を心から失わないように、このような言葉を残してくださっているわけです。

 話は変わって、もしも私が主人でありましたら、召使いが寝ていたというところでプチッときてしまうかもしれません。しかし、この主人はまったくその部分を意に介してはおりません。

 聖書は神のご意思によって記されましたが、聖書を書いた人の心の中には、もちろんその人の信仰というものがありました。ですから、書いた人の信仰、神様への態度というものが告白されております。眠ってしまったおとめたち。ということをイエス様が語られた時に、後に弟子たちはイエス様の言葉を思い出しながら、、、自分たちが眠ってしまったことを思い出したに違いありません。 

 ゲッセマネの園での話を思い出しながらこのイエス様のお言葉を思い出したに違いない。自分たちこそ確かに眠ってしまっていたなと。イエス様は、十字架におかかりになられるその直前に、必死の祈りをささげられました。弟子たちの救い、人類の救い。神の救済計画のためのご自分の犠牲。そのすべての救いの業のために祈っておられました。神の国に人を、目の前の弟子たちを迎え入れるために祈っておられたのに、弟子たちは眠ってしまっていました。しかも一度だけじゃないですよ。聖書の記述を見ると、ゲッセマネの園で、弟子たちは何度も寝てしまったのです!まさに神の国での祝宴を開くための救いの業が行われ用としている時に、その重大さを自覚できずに眠った。しかし、そんな私たちを迎え入れてくださったのは、あのイエス様。

 あの時イエス様は、信仰の火をもやし、聖霊を求めているもの。ともし火をともし、油の準備をしていたものを確実に祝宴に迎え入れてくださることを、あのたとえを通して私たちに示してくださったではないか。私たちはいつも弱さを露呈せざるを得ない。眠ってしまう時がある。しかし、それでも神の国を求めるものに神の国を下さる。赦しを与えて迎え入れることを優先してくださる。

 皆様が今日このように礼拝に集われたのは、ともし火をともし油を補充するためですよね。信仰の火を燃やし、聖霊をいただくためですよね。準備をしているためですよね。イエス様は突然こられます。6節に。

 真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい。』

 と誰かから、これいったい誰がいったんでしょうね。分かりませんが、どこからとも無くそのことが分かって、必死になって出て行った時に、ほんの小さなともし火でも構わないけれども、信仰の火を燃やし、聖霊を受けて心の中に神を感じ。神への愛で燃やされて、喜びをもって花婿であるイエス様を迎え入れる。

 これまで、人間的な弱さや罪を露呈してしまった人も、それはすべてキリストの十字架によって精算されていますから。ただただ、ご主人さまがいらしたことに心もやして。共に喜んで宴席を囲む。13節。

 だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。

 今日かもしれませんよ。明日かもしれませんよ。でも、今日来られても良いように、キリストが招き入れてくださることを心から喜び、今日生かされているのは神のお心によるものだと信じ。今日、教会でキリストの僕達に出会うことができるのは、神の導きだと信じ。これらすべてが神の愛によるものだと信じ。徹底的に愛されて来たことを受け止め信じ、信仰の炎をもやしつつ、神の言葉を心で満たして聖霊をいただきたいと願います。今日こられるかもしれません。主は私たちを喜びの宴席にお招きくださいます。その喜びのために信仰のともし火を燃やし準備をしましょう。アーメン。