マタイによる福音書27章45〜56節 「キリストが見捨てられた?」

 イエス様が十字架にかけられているその時、驚くべきことが起こりました。昼の十二時なのに全地が暗くなりました。三時までその状態が続きました。真っ暗闇の中で、イエス様は天の父からの裁きをその身に引き受けられました。光もすべてを失う、希望も何も無い、未来も無い、何も無い。そんな暗闇に落とされていく。天の父に守られている時には、どんなときにも光がありました。誰になんと言われようとも。罵られようとも。常に天の父に守られているという希望がありました。

 ちょうど私たちが今抱いている希望。私たちは、この世での生活がどうあれ、心の中には常に希望があります。なぜなら、人に見捨てられようとも、天の父には決して見捨てられないという確信があるからです。人に見限られても、神に見限られることはない。運に見放されたというような不幸な出来事に見える出来事の中にも神の導きを見ることができる。絶対的に、この歩みは神の守りの内にある歩みだと信じることができます。これは心の中に光を持っているという状態ですね。これがキリスト者の強さです。

 しかし、イエス様が神からの怒りをお受けになり、裁きをお受けになられている時。真っ暗になりました。希望がない。絶望です。だから、イエス様は天地が真っ暗になるその中で、叫ばれたのです。

 12時から真っ暗になって、3時までその暗闇は続きました。そしてその3時間という長きに渡る時間の最後に叫ばれました。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味です。

 天の父なる神に見捨てられてしまったのですね。それこそが裁き中の裁きと言ってよろしいでしょう。イエス様が最も恐れ、経験したくなかったこと。

 ゲッセマネの園で死ぬほどに悲しいとおっしゃられていたことはこの事です。神から捨てられることほどに苦しい、悲しいことは他にない。この世で経験する悲しみの中に、親との断絶、子供との断絶ほどに悲しいことは無いでしょう。そういった痛みを経験すると、人生がストップします。場合によっては一生立ち直れない。

 イエス様の痛みは更に更に深い痛みです。だって、私たちには神に守られているという希望が、何があってもまだあります。この世で不幸を味わったとしても、それでも神がそれを補ってくださる。希望があるんですよ。しかし、神に見捨てられたらそれはどうでしょうか。本当に真っ暗です。何も見いだせない。不幸は不幸で終わる。悲しみは悲しみで終わる。苦しみは苦しみで終わる。死は死で終わる。

 「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」これは詩編22編の引用だと言われています。ユダヤ人にとって、詩編というのはそらんじられるものでもあったようです。日本人でも百人一首やなにかで上の句を読めば、下の句がわかるという世界がありますが、それと同じようなものです。だから、この詩編22編の一番はじめの言葉を引用すれば、それらすべてを引用しているということになります。

 この詩編22編は、神から見捨てられたことについて一番はじめに出て来ますが、最後の方に至ると神への信頼の言葉で満ちている。お帰りになったら、じっくり22編を読んで見てください。まさにこれはイエス様の十字架を指しているとしか思えない詩ですね。

 イエス様は、この時真っ暗闇の中で、真に神から見捨てられるということを経験され。「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになられたのですか」と祈られました。が、しかし、なお神への希望。神への期待。神への信頼をお持ちになられていたのではないかと思います。十字架の上での神から見捨てられる。呪われたものとなるという経験をなされたイエス様にしか、その心のうちは分かりませんが、しかし、なお神から見捨てられるという裁きを受けつつも、神への信頼に生き続ける道をお取りになられたのではないかと思います。それが詩編22編の引用という叫びで現れ出た。

 エリ、エリ。と神を呼ばれるので、周りの兵士たちは、エリヤという天に上げられた預言者を呼んでいるのではないかと勘違いしたという言葉が記されています。酸いぶどう酒を兵士たちは飲ませようとしたと書かれています。これをイエス様はお飲みになったと、ヨハネ福音書の方には記されております。そちらの方も読んでおきましょう。ヨハネ福音書19章28節からです。

 その後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。そこには酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。

 前回ご一緒に見ました。十字架にかけられたその時の、苦いものを混ぜたぶどう酒はお飲みになられませんでした。それはなぜかというと苦いものというのはいわゆる鎮痛作用のある物質でありまして。十字架刑にかかるものの痛みが緩和されて、痛みに耐えることができて、少しでも長い間絶命への時間を長くするためのものです。強い鎮痛剤の役目をするものでありました。ローマは十字架刑によって人々を嬲りものに晒し者にするため、しっかりとしたマニュアルを持っていました。だから、そのマニュアルに従って十字架にかけられた時にイエス様に鎮痛剤を飲ませようとしたということなのです。しかし、本日出て来ます。酸いぶどう酒というのは少し性質が違います。これは鎮痛剤というよりも、渇きを癒すためのもの。水分としてイエス様に飲ませるもの。

 これをイエス様はお飲みになられたのです。なぜかというと、「成し遂げられた」とハッキリと仰るためです。カラカラに乾いた喉。そのままでは発声もままなりません。声が出ません。だからこの時はぶどう酒をお飲みになられた。そして、この世に宣言するべきことをハッキリと宣言なされた。大切なことを、信仰の歩むべきその道を示された。

 イエス様がおっしゃりたかったこととは。

ルカによる福音書23章46節。

 父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。

また、ヨハネ福音書19章30節では十字架のうえで

 成し遂げられた。

 とおっしゃられました。

 しっかりと言葉にしてこの十字架の上で、宣言するため。それを後の世の人々がみんな耳にするため。世界に福音が広がっていくため。この一瞬の間、覚悟をもって最後の命を振り絞って、やっとのこと残っている力でぶどう酒を飲まれ、宣言された。

 この十字架の処刑によってすべてが成し遂げられた。人間に人類に必要なものがすべて整えられた。神のもとに帰ることができるという驚くべきことです。すべてを天の父にお委ねして、天の父に信頼することができるという。この信仰の大いなる恵み、秘訣、また、私たちがこの世で得られる最大の平安。平和を、キリストは私たちにお与えくださった。

 父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。

 大阪のぞみ教会。尊敬すべき先輩方の声。その声の中に度々、父よゆだねます。という言葉を聞きます。「もう体も自分で思い通りならないから、神様に委ねる毎日です。」この言葉を私は何度聞いたことでしょうか。そして、この言葉を聞いて何度安堵したことでしょうか。真に神がここにおられる。間違いない。この人の中におられる。聖霊よと。

 聖霊が宿っている人は、天に向かうまで静かに努力をして過ごすのだということも私が学んだ偉大なる道です。毎日運動をして、神様が用いてくださること、礼拝に何とか集い、そこで神の前にひざまづくこと。そのために静かに静かに努力を重ねていく。私は、どれほどこういう方々に励まされていることか。

 私も努力しよう。神の救われてしまっているのだから。このご恩にちょっとでも応えられればと。委ねることができる。委ねるからこそ、努力する。この光。

 父よ、わが霊をゆだねます。と言い切ってしまって。そこから安心して前にすすめる。もう必要なものはあるから。キリストが成し遂げたと叫んでくださったから。神は受け入れてくださっている。

 イエス様が大声で、救いの宣言をなされたその時。。。神殿の聖所と至聖所を仕切る幕が上から下まで真っ二つに裂けました。この幕は縦18メートル。横9メートルもある大きなものでした。厚みもものすごくあって、手のひらほどの厚みがありました。人間の力ではすぐにはどうすることもできない。まして一瞬で真っ二つにさくなどということは絶対にできないものです。それが上から下に向かって一瞬で裂かれました。上から下というのは、これは神がそれをなされたのだということですね。人間がもし裂いたのであれば、下から上でしかありえないからです。

 旧約の時代に神の臨在の前に出ることができる人は大祭司だけでした。イスラエル民族の中で、です。その大祭司も年に一回しか至聖所という神様と出会う場所にはでることができなかったと言います。しかし、イエス様の死によって、救い主の死によってその垣根がとっぱらわれた。神殿の垂れ幕が裂かれるということはそういう意味があるのです。神と人間との隔てがとりはらわれた。ヘブライ人への手紙10章19〜20節。

 それで、兄弟たち、わたしたちは、イエスの血によって聖所に入れると確信しています。イエスは、垂れ幕、つまり御自分の肉を通って、新しい行きた道をわたしたちのために開いてくださったのです。

 イエス様の十字架の御業によって神様との関係が回復した。具体的に言うと、一人ひとり、祈りが祈れるようになった。イエスの名によって祈る祈りはすべて聞かれる。大祭司イエスがその道を御自分の体で開いてくださったから、神殿の垂れ幕は切り裂かれたのです。だから、私たちは何の遮りもなく、神に近づくことができる。

 27章の51節以下を見ますと驚くべきことが記されております。

 神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり、岩が裂け、墓が開いて、眠りについていた多くの聖なる者たちの体が生き返った。そして、イエスの復活の後、墓から出て来て、聖なる都に入り、多くの人びとに現れた。

 イエス様が死なれると、大地震が起こって、岩が裂けました。この岩が裂けたというのは、当時の墓は横穴式でしたから、その横穴に石が蓋のようにして閉じられていたのですが。その岩が裂けたということです。墓が開いて、死んでいた聖なる者たちが生き返った。イエス様の死によって多くの人たちの命が分け与えられた。しかし、イエス様ご本人がよみがえるまでは、墓から出て、町に入っていくということはしなかったようです。ということは、神様によって神様から命を与えられて神のご指示に従ってそこにとどまっていたということでしょう。非常に不思議な出来事ですが。この神の赦しの十字架によって、神の業がこの世界でつぎつぎとなさるということの前触れでした。

 この時生き返った人は永遠の命を与えられての蘇生ということではなかった。ラザロがイエス様によって蘇生されたように、同じように生き返ったようです。だから、イエス様の復活にあずかって、イエス様と同じように永遠まで生きるという状態ではありませんでした。

 しかし、54節以下。この光景を目の当たりにしていた人々は、信仰を得ました。神がおられて、その神が今ここでキリストに働かれたのだということを明確に理解しました。

 百人隊長や一緒にイエスの見張りをしていた人達は、地震やいろいろの出来事を見て、非常に恐れ、「本当に、この人は神の子だった」と言った。またそこでは、大勢の婦人たちが遠くから見守っていた。この婦人たちは、ガリラヤからイエスに従って来て世話をしていた人々である。

 見張りしていた兵隊の中に、信仰を告白した人が現れた。それは異邦人が信仰に入ったということを意味します。それはありえないことだった。異邦人とユダヤ人とは明確に区別がなされて、異邦人が信仰に入るということはありえないこと。しかし、そのユダヤ人と異邦人という間の垣根も崩されたということです。神殿の垂れ幕が裂かれるということは、神と人との隔てが無くなるということだけじゃなくて、イエス様と人が繋がるということは、人種の壁やそれまで信じてきた宗教といいますか、教派というものも飛び越えていくということをも意味するということです。

 大勢の女性たちは我慢強く最後までイエス様のみ苦しみに寄り添って、忍耐強く未来を生み出す場面に居合わせるんですね。面白いです。今も昔も変わらないじゃないですか。女性たちの忍耐強さや、芯の強さ。今も日本の教会は女性たちによって力づけられ引っ張られていると言っても過言ではない。そこにまた神の業を見ていくことができる。

 イエス様に信頼して、この十字架に信頼して。ここに神を見て。神と私たちとがつながり、私たちの言葉はすべて届いている。神との隔ての壁は取り払われた。ここに光を見ていくのならば、私たちはこれから自分がなすべきことを示されます。マタイという福音書を書いたユダヤ人が異邦人が信仰を持つことに目を開かれていった。

 神は本当にあの人と一緒におられるのか、おられないんじゃ。そんな問いが生まれそうなときに。その人と私との間の隔ての壁を取り除き、神のまえにひざまづくこと。イエス様の十字架の前では異邦人もユダヤ人も関係なくなってしまったように。あの人に神がはたらく。神は等しくここにお集いの方に働かれる。それを信じる歩みを始めるべきではないでしょうか。隔てはもう無いんですから。あなたの祈った祈りは全部とどけられるんですから。隣人に対しては寛容に、柔和に、そして必ず私の彼、彼女への祈りを聞かれるのだと信じるところに、神の業が起こるのではないでしょうか。

 神の業が起こるとき、この聖書に書かれているように、死人がよみがえるような、考えられない、度肝を抜くような奇跡が起こる。神殿の垂れ幕が裂かれて、誰でも神様にお話できるのだから。その祈りが聞かれることを信じたい。アーメン。