創世記28章10〜22節 「天使を見る」

危機の中で

 危機の中で神と出会う経験を与えられます。ヤコブが神さまと出会っているのは、人生で一番あぶない局面でありました。エサウに命を狙われて逃亡している時。また、実家に帰る決断をした時。エサウがまだ自分を殺そうと考えているとしか思えない時。

 命の危機を感じる時にこそ、ヤコブは神と出会ったのでした。

 創世記28章10節以下。

 ヤコブはべエル・シェバを立ってハランへ向かった。とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。すると、彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。

 彼は命の危険の中で霊的な視野が開かれていったのです。天使を彼は目の当たりにします。夢の中でです。夢でとはいえ、これは神がヤコブにおみせになられたものです。信仰的なヴィジョンです。目に見えない世界で実際に起こっていることをお見せくださったのです。神さまは天使たちを遣わされる、天使たちは忙しく働いている。天と地とをつないで。なんとか、ヤコブを通じて神の御心がなっていくように、天使は働き続けている。

 自分はまるで見捨てられたように、みすぼらしく野宿し、石に枕するしかないものとなってしまっている。けれども、神は私のことを忘れてはおられない。人間が私のことを忘れようと、呪おうとも神だけは忘れない。

 神の御心を実現しようとする御使いの存在、神の御心を踏みにじり台無しにしようと企んでいる悪い霊の存在を聖書は自明の前提としております。いるいないの議論の余地の無い話であり、聖書に記されて、まさに天使により神の業がなっているのですから、これを語らないでは聖書を語ることができないというほど、大切な存在です。

ヤコブという人となり

 ヤコブという人はその名前自体の意味は「欺く者」「かかとをつかむ者」という意味です。かかとをつかむというのは、レスリングにおける最悪な反則行為です。ヤコブは、反則を犯しても、人から利益を得ようとするもの。自分の利益のために他者を犠牲にするもの。そういう悪いイメージのある名前だということです。

 欺き罪を犯すヤコブを神は驚くことに祝福の中に置きました。「アブラハム、イサク、ヤコブの神」と呼ばれることを厭わず、神はヤコブを導き続けられました。というのも、神はもとからもっている性格ばかりを見ておられたのではなくて、彼の成長とこれからの未来を見ておられたのです。ヤコブという人は、非常に悪賢い、神さまはこんな人お嫌いなんじゃないかというような人でありましたが、彼はやがて悔い改めと謙遜の人になる。そこを既に見ておられるのです。主はどこまでも見渡すことができるその視野で、人を見て、先を見越して彼を導いておられたに違いありません。

 悔い改めということを神はとりわけ大きなものと御覧になられます。この悔い改めの賜物を通して人は変わり、神の人となっていくことを神は良くご存知であるからこそ、この人をイスラエル民族の代表となさったのでありましょう。ヤコブは悔い改めの人です。

 確かに信仰者は悔い改め、人生が180度変わってしまうことによって、すべてが変わっていくことを経験します。神の前に跪くこともできなかった人がただただ主の前にいるだけで満足し、そこから力を得る人となっていくのです。

主の言葉を聞く

 ヤコブは主の言葉を、エサウに命を狙われている現実の中、疲れ切って歩くことさえできない現実の中で聞くのです。創世記28章13節。

 わたしは、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、主である。あなたが今横たわっているこの土地を、あなたとあなたの子孫に与える。あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へと広がっていくであろう。地上の氏族はすべて、あなたとあなたの子孫によって祝福に入る。見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。

 ヤコブは、先祖から語り伝えられてきた祝福の言葉を「あらためてもう一度聞き直すこと」になりました。なぜ、このようにもう一度聞き直すことになったのか。あたりまえの話なのですが、先祖は聞いていましたが、ヤコブ自身は神さまから聞くということを経験していなかったからです。語りかけられていたけれどもヤコブは自分へのものとして真正面から受け止めることはできてはいなかったからということです。知っていたけれども、神さまからは聞いていたのです。知ってはいたけれども彼自身が受け止めていなかった。

聖書と向き合う生活

 聖書と向き合う生活をクリスチャンはしています。年を追うごと、悔い改めを重ねるごとに聖書が近くなって来ていることを経験する。聖書の言葉が自分に迫ってきて、もうこれを読まないでは生きていけない。聖書と自分の生活とがピッタリと寄り添うようにしてある。

 しかし、よく考えれば、先祖に語りかけられた内容であります。特に旧約聖書はそうです。しかし、この聖書もピッタリと寄り添うようにして読んでいくと、たしかに神が私に対して語っておられるのを感じ、受け止めていくことになります。そうすると、さらにもっとピッタリと聖書に自分が寄り添うようになりたいと思うようになり、そう思えば思うほどに、自分への語りとして聞くことが多くなり。神からの語りかけをたくさん受け止めるようになるのです。

 聖書に登場してくる人物が私自身と重なり、私がまさにここにいるように思えるようになって、自分の罪が深くえぐり出されるように感じ、読むことが辛いときもある。

 しかし、その辛さを通じて神が私を作り変えようとなされていることを感じ、主の働きを受け取る心になる。すると、ますます主を身近に感じるようになるでしょう。神の祝福の言葉である聖書は、人を変えてしまう恐ろしい力ある書物です。

 神と出会ってしまう書物です。すると人は必ず変わります。ヤコブも変わりました。どのように変わったでしょうか。

神への畏れが生まれる

 ヤコブの中に「神への畏れ」が生まれました。 

 創世記28章16節以下。

 ヤコブは眠りから覚めて言った。

 「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった。」

 そして、恐れおののいて言った。

 「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」

 神がそばにおられることに気づいてしまったんですね。そうしたらヤコブは恐れおののいいた。震えるような思いだったと思います。これこそまことの礼拝です。神が出会い、神が導き、神が約束の中にいれていてくださる。自分がどれだけ罪を犯したとしても、自分がどれけ人を欺いたとしても、それでも主は憐れみの中に私を置いてくださっていたのだ。なんと畏れ多い場所なのだろうここはと言ってひれ伏すのです。

 何と畏れ多いのだろう生きていることは。約束の言葉を既に知っているということはなんと畏れ多いことだろうか。震えるようにして倒れるのです。

神の前に跪くほど

 神の前で悔い改めて、跪くほどに、聖書を今自分が持っていることに震えるような喜びが与えられます。神はこれを通してご自身の思いを示してくださるのが分かるようになる。私の人生に介入してくださり、神がここにおられることを確信させます。ここに跪けば、ここを主の場所としてくださる。

 ヤコブが命からがら逃げて、ちから無く、石枕に倒れる。この瞬間を神さまは待っておられたのです。邪魔なのは人間の力でした。

 力を捨て去って、自分の思いを捨て去って、何も持たないで主のところに行くと皆かならずこのような恵みの体験、神との出会いの体験をいたします。捨てないから出会えないだけです。自分を捨ててしまえば見えてきます。

エサウとの出会い

 後にエサウとの再会の場面が記されていきますが、この場面を来週の礼拝において見ることができないので、触れておきたいと思います。創世記の33章を開いてください。ヤコブとエサウが出会うという場面はこのヤコブの物語りのクライマックスです。この場面において、実はヤコブは非常に汚い手を使っているのです。

 自分がエサウのところに行くのではなくて、先に先遣隊として贈り物をたくさん携えたものたちを遣わすのです。それももし先に打たれて倒されて、殺されてしまっても全財産を失うことがないように幾つもの部隊に分けて、保険をかけるようにして送りだします。

 それから、極めつけは、家族を自分よりも先に行かせるのです!自分は後に残る。兄エサウは実は400人の兵隊を伴って待ち受けていました。明らかに、この兵隊は自分たちを打とうとしているということはすぐにわかりました。そのエサウの姿を見て、ヤコブは怖気づいてしまったのです。

 そこで、神の使いとくみうちをしたというペヌエルでの出来事が起こり、イスラエルという名前を与えられるわけです。ヤコブは夜中に一人でヤボク川のほとりに残っていると、神の使いがヤコブとレスリングをしました。

 一人で川辺に残っているヤコブの気持ち。わかります。とにかく怖かったのでしょう。心のうちに力がなくなってしまっていたのでしょう。兄エサウのあの力強い腕っぷしに勝てるとも思えなかった。逃げたくはないけれども、どうしても逃げてしまう自分がいる。

 しかし、その弱々しいヤコブが、勇敢にも誰だかわからない神の使いとレスリングをし、そしてもものつがいも離されてしまっても、なお彼はその使いにしがみついて、必死で「祝福してくださるまで離しません」と言った。彼が勇敢に戦えることをこの使いは証明されたのです。神の使いと書いてありますが、神さまご自身です。

 神がヤコブと出会ってくださって、神が彼とともにおることを、不思議ですがこの格闘を通して彼は確信し体験したのです。だから、彼に祝福と共に信仰の力が与えられた。

 先程読んだ先祖から与えられていた約束。「神が共にいてくださる」という、その言葉どおりであることを戦いの中で発見し直したのです!神はこの局面において私と格闘し、私と共におられ、私の戦いを共に戦ってくださる。そして、あなたは「勝ったね」と言って導いてくださる。すがりつくヤコブに神は「イスラエル」という「神と戦って勝った」という意味の名前を授けてくださった。信仰の真髄というのは、どこまでも神にすがりついて、もう負けそうな現実であったとしてもしがみついてしがみついて歩む、その時に神の力が人に望む。これを体験することです。人間の力ではない神の力が注がれてくることを、全く力が奪われた只中で経験すること。これが信仰です。

 クリスチャンの人生はこのように神との格闘としか思えないぐらい、試練の中で必死に戦い続けるという歩みになるでしょう。しかし、その格闘の中でこそ、約束の言葉がその通りであったということを、痛みを伴いながら体験するのです。もものつがいを離されてしまったけれども、もっと偉大なことをヤコブは見出したのです。

 なぜそう言えるのか。

 彼の行動が変わりました。

 彼の行動、創世記33章3節以下を見てください。

 ヤコブはそれから、先頭に進み出て、兄のもとに着くまでに七度ひれ伏した。

 家族を前に出して、自分が犠牲になることを恐れた人ですヤコブは。最低でした。その人が、自分が前に出ていく人になっている。自分が前に出て、自分こそが犠牲になって、そして、神にひれ伏すように徹底的にエサウにひれ伏していきます。神を前に礼拝をささげている歩み。人を犠牲にするのではなく、自分を犠牲にする歩み。神と共にいるとしか思えない人の歩み。

 彼の行動は全く変わってしまったのです。これが神の御業の素晴らしさです。

 神の前に行ったら必ず人は変わります。勇気が与えれます。力が与えられます。何があっても救われるという確信があたえられます。この地上での命が絶たれてもまだ大丈夫だと思えます。

 だから、自分が犠牲になろうとも思えます。これ以上の幸いはありません。

 私はつくずく、この聖書のために何もわからず献身してしまったことを喜んでいます。前に出れなかった人が、前に出る。人を犠牲にすることを考えていた人が自分を犠牲にできる。神の圧倒的な約束の言葉の前で、人は変わり、その人のうちに天が入り込んできてしまう。こういう人が次々と生まれるために今自分の人生もあるのだと思うとワクワクしてくるのです。

 大きな試練の中で、大きな病の中で、自分が犠牲になるかもしれないその中で、それでも主の守りを確信して前に出ていく信仰。これが私たちに与えられている偉大なる祝福。

 主イエスは十字架への道から逃げなかった。その力強さ。それは唯一の神を信じる信仰から湧き出す力です。

 その子どもたちがここに集まっていると思うと、これから一体なにが起こるんだろう。神はこの一人ひとりの聖徒たちに聖霊を注ぎ、どんな偉大な業をなしてくださるのだろうと大きな期待で胸が高鳴ります。

 ヤコブのようにとにかく神にしがみついて、すがりついて、ひざまずくのです。その人に神の業が起こります。

 自分こそが前に出て、自分こそが犠牲になっても構わないという勇敢な歩み。神への信仰を与えられるようにと、皆様を祝福いたします。アーメン。