使徒言行録 11:1〜18 「聖霊が語った」

石井和典 牧師

 自分を抜け出すということがいかに重要か。聖書は各所で示してくれています。自分の思い込みや、考え、人生経験、あらゆるものが縛りとなって私たちを押さえつける状況になりえます。

「神が上から示してくださる内容をまっさらな心で聴く」ということが重要です。

そのためには、「神が目指しておられる方向と、自分の方向とは逆」ということもあり得るし、その可能性にいつも心が開かれていないといけません。視点を固定化してはいけないのです。

何しろはじめの使徒ペトロにとってみれば、考えていることと真逆のことを神様が幻の中でお示しになられたのですから。旧約聖書的に、立法的に汚れていると考えられていた食べ物が、神が清めたものとなりうる世界。それを神はペトロにお見せくださいました。全くこれまでとは違う世界がペトロの前に開かれていたのです。

それは、イエス様の血潮による清めというご功績にすべてかかっていました。人間の行動ではなく、イエスの血にすべてがかかっているという歩みになっていたのです。

周りのユダヤ人たちもまだペトロについていくことができていませんでした。

ペトロは異邦人と食事を当たり前のようにするようになりました。というのも、彼らと信仰を分かち合うことができたからです。聖書の話が、神様の話が通じていく。そこで信仰を温めあって喜ぶことができる仲間が、友が家族ができたのです。その喜びの中に浸りつつ異邦人の家族と交わりをしていたのです。

しかし、周りのものはまだ理解することができていません。異邦人と食事をしている様をみて、人々は批判しました。ですが、批判の内容に意味はなく、意味のある無いようとは次のことでした。

使徒11:1。

さて、使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、異邦人も神の言葉を受け入れたことを耳にした。

この事実は、後に何千年もの間の喜びとなる事実です。

私たちの現代まで続いています。

異邦人である日本人が神を信じています。

その驚くべき喜びの時代を変える内容が、ユダヤにいるキリストの兄弟たちには理解できませんでした。それは自分たちの視点で物事を考えているからです。

神様からの語りかけはすでにペトロに与えられていました。

そのペトロへの語りかけに耳を開きますと、人々の思いは変わっていきますが、それまでは閉ざされていました。耳を開き続けるかどうか、御言葉を聞き続けるかどうか。自分の先入観を捨てて。

ここが、歴史のはじめアブラハムの時代から、モーセ、ダビデ、ソロモン、エズラ、ネヘミヤ、すべての時代に共通の民の課題であることがわかります。イエス様がおっしゃられた決定的に重要なことばを思い起こしてください。この言葉は過去から未来まで刺し通して、すべての人に適用される内容です。マタイ福音書16:24。

わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って私に従いなさい。

自分の十字架を背負ってというのは、自分に死んでということです。自分に死んで耳を開いて聞くかどうかです。

ちょうど昨日早天礼拝で読んでいましたレビ記26:14、15にもこのように書かれていました。

しかし、わたしの言葉を聞かず、これらすべての戒めを守らず、わたしの掟を捨て、わたしの法を捨て、何一つわたしの戒めに従わず、わたしの契約を破るならば、

聞かなければ、祝福ではなくて、むしろ呪いを与えるレビ記に記されています。ということは、聞くということが信じる民にとって生命線であるということがわかります。主に聞きさえしていれば、聞いたままに従いさえしていれば道をそれることはないのです。

しかし、聞かないので躓いて失敗します。

幸いなことに、初代の教会の耳は開かれていました。ペトロのはじめの行動はペトロの周りにいる人達は理解できず一時批判の声となりました。しかし、彼らはペトロの証に耳を傾けていました。理解できなくても耳を開いて聞いたのです。

ペトロが神様からいただいた幻について語り、その結果、コルネリウスの家のものたちに聖霊がくだったことを話すと皆が受け入れていったのでした。

ペトロとコルネリウス、そして聖霊の証をもって、神のお働きが明確に指し示されていったのでした。証というのものは一人の人の証言だけで成り立つのではありません。何人もの人々が聖霊なる神に動かされて導かれていく出来事です。ペトロ、コルネリウス、コルネリウスの周りのローマの兵隊、その家族、そしてエルサレム教会のペトロのことをはじめは批判していた人たち。こういった人たちに神の霊が働きかけ、それまでの思い込みを捨てさせ、新しい世界に生きる喜びの道を歩ませはじめておられるのです。

何より、すばらしいのは、イエス様がおっしゃられたことが実現したのだと皆がしっかりと理解することができたといことです。これこそが教会です。聴くので理解力が与えられ、聖霊の見えざる御手が見え、神の御声がさらに響き渡り、それに周りの民も影響を受ける。

イエス様はかつてこのようにおっしゃられていました。使徒1:5。

ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである。

そしてまたペトロはヨエル書を聖霊によって示されて語りだしました。使徒言行録2:17。

神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。

「わたしの霊をすべての人に注ぐ。」とヨエル書に記されていて、これがイエス様において起こったことだとペトロは預言したのです。

その預言したことを、今度はコルネリウスというローマの百人隊長とのかかわりの中で、後から実際に体験しました。御言葉が先にあって、その御言葉を自分も聞き受け継ぎ、語り、しかし、その御言葉を自分の体験の中で体験し、実体験として語れるようになったのです。

ペトロがコルネリウスの家で体験したのは、異邦人に聖霊が降るということでした。使徒言行録10:44〜48。

ペトロがこれらのことをなおも話し続けていると、御言葉を聞いている一同の上に聖霊が降った。割礼を受けている信者で、ペトロと一緒に来た人は皆、聖霊の賜物が異邦人の上にも注がれるのを見て、大いに驚いた。異邦人が異言を話し、また神を讃美しているのを聞いたからである。そこでペトロは、「わたしたちと同様に聖霊を受けたこの人たちが、水で洗礼を受けるのを、いったいだれが妨げることができますか」と言った。

イエス様がおっしゃられたこと、旧約聖書に書かれていること、これらが体験され、共有されて、皆の間で確かなこととして受け入れられていきました。何よりも驚くべきことは、神によって受け入れられた異邦人が聖霊の賜物を受け取って、主がこの異邦人であるコルネリウスの中に、コルネリウスの家族のなかに臨在してくださることが示されたのでした。聖霊の賜物が与えられるというのは、神の臨在があることの証です。

異邦人のローマの百人隊長の上に、主の臨在がある、そんなことこれまでユダヤの民にとっては考えられないことでありました。

聖書を聞いたことがあるかもわからない、礼拝しているのかもわからない、祈るのか、食べ物は、律法上の規定はまもってきたのか。そういうことを飛び越えて、信仰が与えられてしまっていて、聖霊の賜物が与えられてしまっていたのです。聖霊の賜物とはコリントの信徒への手紙一12章4〜のところに記されているものです。

一人ひとりに“霊”の働きが現れるのは、全体の益となるためです。ある人には“霊”によって知恵の言葉、ある人には同じ“霊”によって知識の言葉が与えられ、ある人には同じ“霊”によって病気をいやす力、ある人には奇跡を行う力、ある人には預言する力、ある人には霊を見分ける力、ある人には種々の異言を語る力、ある人には異言を解釈する力が与えられています。これらすべてのことは、同じ唯一の“霊”の働きであって、“霊”は望むままに、それを一人一人に分け与えてくださるのです。

求めるものに神は聖霊を与えてくださいます。求めなさい。そすれば、与えられると主はおっしゃいましたが、ルカ福音書11章を読んでいただければわかりますが、それは聖霊を与えるという約束であることがわかります。聖霊を求めれば与えられるのです。求め続けなければなりません。賜物を与えられた人でも求め続けないとそれを失ったようになりますし、毎回祈り求めて行かなければなりません。それは一人の人の能力として片付けられてしまわないためです。常に祈りを必要とします。しかし、ときに特別な働きを聖霊はなさいます。

そして、特別な経験を与えて、神がこのコルネリウスの家のものたちを顧みてくださっているのだということが、ユダヤ人にも異邦人にも明らかになっていったのでした。

どんな時代でも、どんな批判にもへこたれてはいけません。証は必ずたちます、信じるものたちの間には聖霊がおられるのです。誰にも否定できないような神の賜物が注がれて、神の業が起きます。

その時、おそらく後から、あぁあの御言葉の実現が今この時なのだと悟るのです。自分で聖書の言葉を語ってそれが実現していくのを見るのです。アーメン。