ローマの信徒への手紙 6:15〜23 「義の奴隷」

石井和典牧師

 

 洗礼によって水に沈められ、古い自分に死にます。かつてのあり方というのは、自分が中心の歩み、人間が中心の歩みでした。罪の中にある状態です。しかし、洗礼によって死にますと、もはや自分のために生きるのではない、人間が中心である命ではない、神が中心の命の中へと入れられます。新しい命は、キリストが中心の歩みとなります。キリストのお顔をいつも排し、自分の満足ではなくて、キリストがどのように喜んでくださるかが中心の歩みへとなっていきます。

 人間中心から神中心への人生の転換というのが、洗礼であり、命の道であり、罪から逃れるということです。本日の聖書箇所のすぐ前の6:11の言葉を見てください。

 このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きてるのだと考えなさい。

 永遠の命、新しい命というのは、「神に対して生きる」命のことです。今までは神に対して生きていなかったのです。口でそう言っていて神に対して生きることが実際にできていなかった。しかし、キリストの十字架の贖罪によって、完全に罪がクリアーにされて新しく生きる道が開かれました。罪に死んで、キリストに生きるということをもって生き返ったものとしてのあり方を生きることができるようになりました。ローマの信徒への手紙全体で使徒パウロが言いたいことというのは、以下のことです。

 人間はまず神との正しい関係に入れられて、キリストと一つになり、聖霊によって絶望的な肉の現実から解放されて、聖なる者とされ、聖化され、世の終わりに向かって救いをいただいたものとしての歩みを歩み、成長させれて完全に向かって行くのであるということです。

 

 本日の箇所で問題となっているのは、キリストと一つになって、絶望的な肉の現実から解放されていくという、そのスタートのスタートで方向を見誤ることがないように、「奴隷」という言葉をつかってパウロが、非常にわかりやすく神の方向を目指すあり方を指ししめしている箇所です。

 奴隷というのは、一人の主人にしか仕えることができません。主人の言うことを聞かなければなりません。二人の主人に仕えることはできません。もしも二人の主人に仕えるような状態になっているのであれば、それはもはや神の奴隷、キリストの奴隷とは言いません。罪の奴隷ということになるのです。その状態のことを6:16でこのように表現しています。

 知らないのですか。あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、その従っている人の奴隷となる。つまり、あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、どちらかなのです。

 主人をふたり持つことはできない。たった一人。しかし、その主人がたった一人ではなくて、別のものがそこにいるという状態を作り出して、罪に至る。

 主に従うのか、人に、世相に、富に、イデオロギーに、というように究極の問いがこの言葉からやってくるのがわかると思います。罪を犯しているのか犯していないのか、自分の心に手をあてて考えて見れば、他のものを主人として従ってしまっていた自分がいることを誰もが認めないわけにはいかなくなります。

 ですから、パウロの話は、聖霊のご支配、というところに向かっていきます。どのように自分自身を自分できよめてきれいにして、心をまっさらにして、神の方を向かって歩んでいこうとしても内側に罪の要素が常にあるので、肉に従ってしまう自分がいることを見いださざるを得ないことを発見するのです。その時に、何が必要かと言えば、聖霊の内住。聖霊が内に住まわるので、その聖霊の従っていくという人間のあり方です。それ以外に、人が聖化されていく道というのはありません。自分で自分を正しくしようとしても肉の力に抗う力は持っていません。

 聖霊が住まわって、肉の欲求から逃れることができて、その上でやっと神の奴隷であるということが実現していくということです。神の奴隷でありたいと願ってそのように自分の行動を整えていっても、まだまだ肉の奴隷でしかない。肉の目で見ることばかりに目が奪われてしまうといことがおこるのです。霊と肉との葛藤、これは自分の主人を誰とするのかという葛藤とつながっている。

 キリストを主人として、キリストにつながり霊の法則によって生きるようになっていきますと、罪を犯さなくなっていきます。命に満たされて行くからです。霊の法則で動くようになるからです。するとこのような状態が実現します。ローマ8:10以下です。

 キリストがあなたがたの内におられるならば、体は罪によって死んでいても、“霊”は義によって命となっています。もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう。

 肉の体は罪の中に死んでいるような状態で、度々また同じように罪を犯してしまう、すなわち、主を主人とするのではなくて、別の方向に心も行ってしまうということが起こる。しかし、神と対話する部分である霊は命に至っている。それは神との対話の中にあるといことです。その霊の力によって死ぬはずだった体をも生かしてくださる状態に至ることができる。クリスチャンは肉の体を抱えつつ、罪に死んでしまう部分、すなわち神ではなくて別の主人を求めてしまう部分が残されてしまっていて、主がキリストではなくなってしまうような肉の要素を抱えている。しかし、霊に注がれた、神の聖霊によって命に満たされていくので、神の霊を受けて、命から命へ、目が開かれ更に開かれ、喜びが与えられて更に喜び、感謝するようになって更に感謝が増し加えられていく、という命の法則の中にすでに入り、完全に満たされ浸されつつあります。

 肉と霊とが葛藤し、葛藤による苦しみの中にどうしてもあります。ローマの信徒への手紙8:18。

 現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないとわたしは思います。

 だから、わたしたちの内にある聖霊は、うめきをもって、わたしたちを祈りへと導いてくださいます。ローマ8:26。

 同様に“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきか知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。

 そして、行き着く先はローマ8:29。

 神は前もって知っておられた者たちを、御子の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました。

 

 おわかりでしょうか。今日の箇所のはじめは、主のしもべ、奴隷となるということが記されていて、それは洗礼を入り口にして開かれる道だと。その道の行き着く先は、キリストに似たものに変えられるといことであると。奴隷となると自由になるのです。奴隷と自由とは対極のものとして考えられるかもしれませんが、主のもとにおいては、それが同時になりたつのです。主の奴隷となれば自由になる。主の奴隷とならないのならば、なにか他のものの奴隷と結局人間はさせられて、その結果自由を失う。

 洗礼によって主の奴隷とさせられたものには、聖霊が与えられて、聖霊によって罪からときはなたれていく。肉の支配を逃れていって、霊の支配の中に入っていき、霊はわたしたちの内側でうめきの祈りをささげはじめそのうめきの祈りによって、キリストにますます似たものに変えれて完成に近づいていくということです。本日の箇所のこのように記されていました。6:22。

 あなたたがたは、今は罪から解放されて神の奴隷となり、聖なる生活の実を結んでいます。行き着くところは、永遠の命です。罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。

 永遠の命にあずかっているものの発想方法はこのようなものです。ローマ8:28。

 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。

 昨日キリスト教基礎講座で、内村鑑三先生の言葉を求道者の方々とともに読んでいて、「キリストはいまだかつて世にありしことなき最大の楽天家であった。」という言葉に特に求道者の方が影響を受けていました。確かに、主イエスはゲッセマネの園においては、激しく痛みを覚えられました。それは、神との関係が断絶されてしまうということに対する痛みでありました。そのことを最大の痛みとされました。しかし、人から蔑まれようが、侮辱されようが、肉体を痛めつけられようが、死を迎える前の晩も弟子たちと祭りの食事を楽しまれました。賛美歌を歌いながらオリーブ山を目指されました。

 確かに、主の行かれた道に従いますと、万事が益となるという道を教えていただきます。主の霊に導かれていきますと、次々と霊の目が開かれてきて、この聖霊によって発想するということがどういうことなのか。聖霊による発想ではないものがどういうものなのか判別がつくようになります。

 義の奴隷には、神の奴隷には万事が益となるということがわかります。この世から天につながっていること、すでに神の国を今ここで味わうことができることを知ります。主のように、どこでも神の庭であることを体験しつつ歩ませていただきたいと思います。アーメン。